自動車保険比較サイトおかげさまで周年!
年間利用者数万人突破!

  1. 自動車保険比較
  2. 保険会社から選ぶ
  3. ソニー損保
  4. ソニー損保(補償内容・特約)
安心を、もっと安く。 ソニー損保

インターネットでのお見積り・ご契約

前契約が無事故で新規ネット申込みなら
12,000円割引
(無事故割引 2,000円+新規インターネット割引 10,000円)

お見積り・ご契約

ソニー損保の補償内容・特約

基本の補償はもちろんお客様のご要望にあわせ追加の補償をご用意しています。

相手方への補償

対人賠償基本の補償

契約車両の事故により他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に、相手方の治療費や慰謝料などを補償します。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

対物賠償基本の補償

契約車両の事故により、相手の車や壁、電柱など他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

対物超過修理費用(対物賠償保険に含まれます)基本の補償

相手車の年式が古い場合、修理費が時価額を超えることがあります。相手車の時価を超える修理費については法律上の損害賠償責任がないため、対物賠償では補償できません。相手方が修理を希望した場合、対物超過修理費用で修理費と時価額の差額にお客様の過失割合を乗じた額(相手車1台あたり50万円を限度)をお支払いします。

自分や同乗者の補償

人身傷害基本の補償

契約車両に乗車中の方が自動車事故で死傷した場合などに、過失割合に関係なく、実際の損害額に対して約款に定める基準に基づき保険金をお支払いします。

搭乗者傷害特約オプションの補償

契約車両に乗車中の方が自動車事故で死傷した場合に、定額で保険金をお支払いします。搭乗者傷害特約(傷害一時金)と、搭乗者傷害特約(死亡・後遺障害)があります。

自分の車の補償

車両保険基本の補償

契約車両が事故で壊れた場合や、いたずらされた場合などに修理費などを補償します。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

  • 故障や地震・噴火またはこれらによる津波によって生じた損害は補償できません。

「一般型」と「エコノミー型」があります

車両保険には、補償範囲の広い「一般型」と限定された「エコノミー型」があります。

補償される事故の例 一般型 エコノミー型
電柱に衝突 ×
自転車との接触 ×
あて逃げ(相手車不明) ×
転覆・墜落 ×
火災・爆発
落書き・いたずら・窓ガラス破損
飛来中または落下中の他物との衝突
他の自動車との衝突・接触
台風・竜巻・洪水・高潮
盗難
  • 」:補償されます 「×」:補償されません
  • 「エコノミー型」では、相手車の登録番号等と、その運転者または所有者が確認できた場合のみ補償します

免許を取って間もないなど、車をガードレールでこするような心配がある方や、当て逃げが心配な方には補償範囲の広い「一般型」をおすすめします。

ただし、「一般型」は「エコノミー型」と比べて保険料が高くなります。

新車買替特約オプションの補償

車両保険の支払対象となる事故により、契約車両が大きな損傷を受けた場合に、新車の買替費用等を補償します。新価保険金額(契約時に設定した新車価格相当額)が上限です。

大きな損傷とは契約車両を修理できない場合、修理費が車両保険金額以上となる場合または修理費が契約時に設定した新価保険金額の50%以上になる場合(※)をいいます。

  • 契約車両の内外装・外板部品以外の部分に著しい損傷が生じている場合に限ります。

事故時レンタカー費用特約オプションの補償

車両保険の支払対象となる事故により、契約車両が損傷を受けた場合に、修理期間中のレンタカー費用の実費をお支払いします。保険金額(契約時に設定した金額)が上限です。

  • レンタカー会社から借りたレンタカーに限ります。

車内身の回り品特約オプションの補償

事故により、契約車両の室内・トランク内に積載中のモノに生じた損傷・盗難、キャリアに固定したモノに生じた損傷を補償します。

保険金額を限度に、時価額または修理費のいずれか低い方から5,000円(免責金額)を差引いた金額をお支払いします。

車内身の回り品特約は、車両保険ありの場合につけられます。ただし、車両保険なしの場合でも、おりても特約ありのときには自動的につきます。

オプションの補償

弁護士特約オプションの補償

自動車事故や日常生活における事故で被害者になった場合に、ケガや車・モノの損害に対する賠償請求を弁護士に委任する際にかかる弁護士費用や、法律相談費用等を補償する特約です。

自分に責任のない「もらい事故」では、保険会社は示談交渉ができません。この場合、保険会社が示談交渉をすると弁護士法(第72条 非弁護士の法律事務の取扱い等の禁止)に抵触するためです。
つまり、「もらい事故」の相手方との交渉は自分自身で行う必要がありますが、弁護士等に委任することもできます。その場合の費用負担に備えるのが弁護士特約です。

記名被保険者やその家族が補償の対象となります。

個人賠償特約オプションの補償

自動車事故以外の日常生活の事故により、他人にケガをさせたり他人のモノを壊してしまい、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。

おりても特約オプションの補償

お車で出かけた先で、お車を降りている間の事故によるケガ・身の回り品の損害を補償します。契約車両の他、自分や家族が所有する別のお車で出かけた場合も補償します。

ファミリーバイク特約オプションの補償

原付バイクの事故により、被保険者(補償の対象となる方)が死傷された場合に補償します。また、法律上の損害賠償責任を負った場合に補償します。

本ページでは基本補償の概要を説明しています。各補償の詳細は約款、重要事項説明書、またはソニー損保のウェブサイトをご確認ください。

インターネットでのお見積り・ご契約

前契約が無事故で新規ネット申込みなら
12,000円割引
(無事故割引 2,000円+新規インターネット割引 10,000円)

お見積り・ご契約
お電話でのお見積り・ご契約
お電話の際、受付コード
「WIF002」とお伝えください
0120-275-032
【受付時間】
平日9:00~20:00/土日祝9:00~18:00

株式会社アイ・エフ・クリエイトはソニー損保の保険契約締結の媒介を行っております(告知受領権なし)。
また、乗合代理店として代理店の販売方針により損害保険会社を選定し、ご案内しております。

特長やサービス内容を比較して
自動車保険を選ぶ

ページトップへ

広告主のPRを目的とした商品となるため、i保険がおすすめする商品や人気ランキング掲載商品とは異なる場合があります。

ページの先頭へ