自動車保険比較サイトおかげさまで18周年!
年間利用者数300万人突破!

  1. 自動車保険比較
  2. 個人向け自動車保険
  3. 自動車事故時の対応

自動車事故時の対応のアイコン事故発生から解決まで個人向け自動車保険

Q1事故にあったら、まずどうすればいいの?

あなたが「事故にあったとき」「事故を起こしてしまったとき」にしなければならないことがいくつかあります。

1. 負傷者の救護

もしも事故が起こってしまったときは、ケガをされた方の救護が最優先となります。必要に応じて救急車を呼ぶなど、ケガをされた方を救うための処置をまず行ってください。

2. 道路上にある危険なものを片付ける

事故にあった車を安全な場所へ移動させ、事故で散乱した破損物(交通のさまたげになる物)を片付けます。事故にあった車が動かないために路上に停車する場合や、ケガをされた方を動かせない場合は、「停止表示板」、「発煙筒」を使って後続車に知らせましょう。

3. 警察への連絡

安全が確保できたら、110番で警察へ連絡します。小さな事故や単独事故であっても必ず連絡してください。特に人身事故の場合は「人身事故扱い」として必ず警察に届け出ましょう。

  • 通報を受けた警察は現場に駆けつけ、当事者に対して状況説明を求めながら、「実況見分調書」(事故状況を再現する報告書)を作成します。警察への報告を怠ると、実際に事故が起きたということを証明できないばかりか、自動車保険の請求に必要な「交通事故証明書」が入手できなくなってしまいます。

4. 相手の方を確認

相手の方の住所、氏名、連絡先、ナンバープレート等を確認しましょう。相手の方が保険に入っている場合は、保険会社名、証券番号、連絡先等も確認するようにしてください。

5. 事故状況を確認

簡単で結構ですから、事故現場の見取り図を作っておくと後日役立つことがあります(カメラがあれば、事故現場・事故車両を撮影されておくとなお良いです)。
双方の信号・標識・スピード・路面表示などを記憶が薄れないうちに書き留めておきましょう。

  • 事故の目撃者がいる場合は氏名、連絡先を教えてもらい、場合によっては警察への証言をお願いしましょう。

6. 事故現場等での約束は行わない

事故は、双方に責任がある場合が少なくありません。
その場で安易に「すみません!こちらで全額負担します」といった約束はしないようにしてください。

7. ご加入の保険会社への連絡

事故の大小にかかわらず、必ずご加入の保険会社へご連絡ください。各保険会社では、24時間365日、事故のご連絡を受け付けています。

保険会社 電話番号
アクサダイレクト 0120-699-644
SBI損保 0800-2222-581
セゾン自動車火災保険 0120-00-2446
ソニー損保 0120-303-709
チューリッヒ保険会社 0120-860-001
三井ダイレクト損保 0120-258-312

Q2保険会社に連絡した後はどうなるの?

1. 事故受付

事故にあったとき、事故を起こしてしまったとき、事故現場で必要な対応が終わったら、すぐにご契約の保険会社にお電話してください。もちろん、受付は24時間365日体制。受付後に事故担当者からご連絡があります。

2. 事故の調査と確認

保険会社の事故担当者は、すみやかに相手の方と連絡をとり、その調査結果をあなたにご連絡します。また、事故が起こった状況を調査して、壊れたモノや損害金額などを確認します。

3. 示談交渉

保険会社の事故担当者が、あなたに代わって示談交渉をします。もちろん、交渉の進み具合はその都度ご契約者にご連絡します。

  • 事故の状況によっては示談交渉ができない場合があります。例えば無過失の事故(0:100の被害事故)の場合など。

4. 保険金のお支払い

保険会社が保険金の総額や支払日等を、前もって明確にお知らせします。

5. 事故解決

保険会社が、すべての事故処理が完了した段階で、その旨をご契約者に書面にてお知らせします。

特長やサービス内容を比較して
自動車保険を選ぶ

ページトップへ

広告主のPRを目的とした商品となるため、i保険がおすすめする商品や人気ランキング掲載商品とは異なる場合があります。

ページの先頭へ